2016年の12月に郵便料金の改訂が発表されました。

2017年より値上げされることが日本郵便が公式ホームページでもアナウンスしています。

値上げの理由は、人件費の上昇と郵便事業の収支の業績の悪化だそうです。

平成26年(2014年)から現在まで

はがき 52円 封書 82円

の送料でした。2017年にはいったい、いくらになるのでしょうか?





 

郵便料金の値上げ

日本郵便の改定別紙を見ると料金が値上げされるのは

2017年6月1日(木)から

通常のはがき 52円62円

封書は据え置きの82円

年賀はがきの料金は据え置き 52円

 

となる予定です。

その他

定形外郵便の新料金は以下のように100円以上値上がりする郵便料金もあります。

(参考資料 日本郵政公式ページより)

 

 

(参考資料 日本郵政公式ページより)

 

封書と手紙

ちなみに管理人は封書と聞いてピンとこなかったので調べてみると

封書は封の閉じられた手紙のこと

で郵便局のホームページで調べてみると手紙は第一種郵便物になります。

定型サイズの定義は

■封筒サイズ
短辺 9.0~12.0cm
長辺14.0~23.5cm
厚さ 1.0cm以内

■重量
25g以内、50g以内

■封筒の形状
2mmを越えて角が丸い、辺がギザギザは不可。
(四角形であればOK)

となります。サイズは大き過ぎると定形外になるということはイメージできますが

サイズが小さすぎても定形外になる

という事は意外と知らずに送料を間違ってしまう人が、かなり多いそうなので気をつけましょう!

自作の手紙などで料金がわからない、調べたけど自信が無いという場合は、自分で切手を貼らずに郵便局へ持って行きましょう。

窓口で手渡しして、郵便料金を計算してもらうのが確実です。ホームページでも料金計算はできます。

郵便局の公式ページ

まとめ

郵便料金の値上げは2017年6月1日から

値上げ後の料金は

はがき 62円

封書(手紙)は変わらず 82円

年賀はがきも変わらず 52円

 

となります。以上、2017年の郵便料金改定についてご紹介しました。